NIKE新業態店舗「ナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)」がオープン【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2017.1.31 FASHION ,
NIKE新業態店舗「ナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)」がオープン

12月1日、東京・南青山にナイキ(NIKE)の新業態店舗「ナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)」がオープンしました。人気スポーツメーカーである同社のラボでは、最新のイノベーションを体験したり、さまざまなクリエーターとコラボしたコレクションを提供する場として、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ミラノ、上海、香港で店舗を展開してきました。その世界7番目の店舗が、東京・南青山にオープン。店名を所在地の南青山5丁目を意味する「MA5」とし、新しいの店舗展開をしています。

 

 

豊富な最新コレクション

 

NIKEの最新コレクション、「NIKE ACG」。ACG(オール・コンディション・ギア)の名の通り、どんな天候にも対応する3層構造を持ったゴアテックスを使用したジャケットはフードの収納や内側ライナーの取り外しが可能で。さまざまな環境に対応したウェア。さらにはメディアポート接続が可能な内ポケットがついていたりと、機能性も抜群です。また、ナイキテックフリースを使用した軽量でありながら防寒性も両立したパンツや撥水加工を施しているものなども。スニーカーもかかとやつま先には保護膜、アッパー部分は耐水性を向上させ、悪天候にも強い構造となっています。

また、人気ブランド「アンダーカバー」の創設者・高橋盾さんとのコラボレーション「GYAKUSOU」の最新コレクションも発表。マスタードイエローやバーガンディーを配色した今年のコレクションも、これを着て走ってみたいと思わせるようなかっこいいデザインが特徴です。ほかにも、ナイキラボでは、大人気のスニーカー「ナイキエアマックス」も、その豊富なラインナップを取り揃えており、これまでネットや一部の店舗で数点しか見られなかったナイキの最新コレクションを実際に手に取って見ることができます。

fashion_headline_16159_2

 

和のテイストを取り入れた

店舗デザイン

 

最新ファッションが集まる南青山、骨董通り近くにオープンする路面店「ナイキラボMA5」。入り口が引き戸になっていたり、フィッティングルームの床に畳を使ったり、什器の一部にヒノキを使ったり、南部鉄器からインスパイアされたものを使ったりしていて、日本での店舗らしく、和のテイストを取り入れた店舗デザインとなっています。また、機能、軽量、組立といったナイキラボの原則を表したプラスチックや再生素材を使った什器や、床には陸上競技場の形を取り入れるなど、ナイキラボらしいデザインも。中央に設置されたスクリーンでは、イメージ映像が流されていたりと、店舗自体も楽しめる要素が満載です。

fashion_headline_16159_7

ナイキの最新コレクションを手に取ることももちろん、店舗自体もナイキのカッコよさ満載の新店舗「ナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)」、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

                                                    【Reference】http://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_Fashion_headline_16159/