もう我慢しなくてもいい!?筋トレとチョコレートの意外な関係【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2017.4.4 FOOD_DRINK ,
もう我慢しなくてもいい!?筋トレとチョコレートの意外な関係

あまーいチョコレートの誘惑。無性に食べたくなる時もありますよね。でも日々トレーニングに励む読者の方にとって、チョコレートは余分な糖分?カロリーオーバー?ダイエットの敵?しかしトレーニングとチョコレートは真逆の存在のようでいて実は筋トレ×チョコレートには密接な関係があったのです。意外なチョコレートの健康パワーを紹介します。そう、もうチョコレートは我慢しなくてもいいんです。

 
 
 

チョコレートの持つパワーとは

 

チョコレートの原料であるカカオ豆。カカオに含まれるポリフェノールやミネラル、食物繊維のはたらきによって便秘の解消や、コレステロール値を改善する効果が期待されます。また、カカオポリフェノールのはたらきで血流をよくし、基礎代謝量がアップ。脂肪を燃焼しやすい体になるという効果や、活性酸素のはたらきを抑える抗酸化作用による美肌効果があるとされています。さらに、カカオに含まれるテオブロミンやカフェインの成分にはリラックス効果や集中力を高める効果に期待が持てるとされています。さらに筋トレ×チョコレートの関係において最も注目すべき成分がありました。

 
 

Lord save me from carb cravings ✨🍩😭. . .

T A N Y A🌸L O G A N A T H A Nさん(@tanya_loganathan)がシェアした投稿 –


 
 
 

注目のエピカテキンという成分

 

エピカテキンとはチョコレートの原料であるカカオに含まれるポリフェノールの一種のことです。エピカテキンは毛細血管を増やし、筋肉などに血液や酸素といったエネルギーを運ぶ能力を向上させる効果があるとされています。そう、トレーニングにおいて大切な、筋肉の成長を促す・疲労回復・運動能力の向上、という効果があるとされているのです。

 
 


 
 
 

筋トレ×チョコの

効果的な摂取のタイミング

 

筋トレ前にチョコレートを少量食べると、代謝がアップし脂肪が付きにくくなり、高いパフォーマンスを発揮できます。さらに空腹感も抑えられて、一石二鳥。筋トレ後にチョコレートを少量食べると、筋トレで収縮した筋肉の疲労を血液に流してくれる効果もあるようです。

 
 

本日(3/14)は、ホワイトデー。 男性の皆さま、女性に喜んでいただけるチョコレートをお探しなら、チョコレート研究所をぜひご活用ください。 本日もホワイトデーに喜ばれる以下板チョコ&チョコレートケーキを用意しております。 ・板チョコ(インドネシア産カカオ75%) ・カカオテリーヌショコラ(マダガスカル) ・カカオテリーヌショコラ(ペルー) ※カカオテリーヌショコラは、以下オンラインショップでも購入可能です。 http://chocolatelaboratory.jp/ なお、本日もホワイトデーかき氷「ハニーハント2017」につきましては、17:00からの提供とさせていただきます。 カフェはもちろんのこと、プレゼントにもチョコレート研究所をご活用ください。^^ #チョコレート研究所 #ホワイトデー #チョコレート #チョコレートケーキ #ガトーショコラ #テリーヌショコラ

チョコレート研究所さん(@chocolatlaboratory)がシェアした投稿 –


 

いかがでしたか?意外にもチョコレートは悪者ではありませんでしたね。ちなみにおすすめのチョコレートは、カカオ含有量が70%以上のブラックチョコレートもしくはビターチョコレートです。糖分やカロリーに気を付けてイライラをため込まないように、上手にチョコレートを味方につけて、トレーニングに取り入れていきたいですね。

 

【Writer】岩崎美穂