筋トレ効果を高めるリコピンに注目!【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2018.1.4 FOOD_DRINK ,
筋トレ効果を高めるリコピンに注目!

トレーニング効果を高める食材というと、ついタンパク質が豊富な肉や魚、卵などを思い浮かべるかもしれません。ところが、筋トレをしている人たちの間では今、トマトに含まれるリコピンパワーに注目が集まっています。今回は、トレーニングにおけるトマトの効果についてご紹介します。
 
 
 

トマトのリコピンが

おすすめな理由

 

赤いトマトの色は、リコピンという成分に由来します。リコピンは、カロテノイドの一種で、ビタミンEの100倍ともいわれる強力な抗酸化作用があることがわかっています。この抗酸化力こそ、トレーニング時の酸化ストレスの軽減に役立つのです。飲料、食品、調味料の大手総合メーカーのカゴメと鈴鹿医療科学大学との共同研究によると、運動前または運動中後にトマトジュースを飲むことで疲労感が軽減されたと発表されました。これは、乳酸の代謝がスムーズに行われ、エネルギー源を有効に活用できたためと考えられています。

 


 
 
 

ビタミンやミネラルも豊富

 

トマトには、体内の生理機能の調節に重要なビタミン、タンパク質などと結合して骨や筋肉を作ったりするミネラルも豊富に含まれています。ちなみに、リコピンをはじめとしたトマトの栄養素は、吸収面からすると生食するより油を使った料理がおすすめです。コストが気になるなら、トマトの加工品でも問題ありません。むしろ、トマト缶はビタミンやミネラル量が増加するほか、トマトジュースやケチャップなどの加工品のほうがリコピンを吸収しやすくなります。

 

The sweet relief of ketchup #takemeback #ketchup #iloveketchup #ketchupislife

King of Ketchupさん(@ketchuppking)がシェアした投稿 –


 
 
 

トマトのおすすめの食べ方

 

まずは、脂肪燃焼効果を高めるカルニチンを含む牛肉とトマトの炒め物。ひと口サイズに切ってごま油で炒め、塩コショウと酒、しょうゆで味を調え、青ネギを散らすだけ。筋トレ効果を高める主菜の完成です。また、筋肉量アップには、たんぱく質豊富な食材を使った煮込み料理が手軽。薄切りにしたにんにく、たまねぎをサラダ油で炒めたら、肉・魚、ブロッコリー、大豆類をたっぷり投入。トマト缶もしくはトマトジュース、固形スープの素で煮込み、塩・コショウで調味します。酸味が苦手なら、バターを仕上げに入れます。

 

Sunday early dinner😋 Let’s Eat! Stay safe everyone🙏🏻

Len 🌱vegan.soul.72さん(@bluelotus72)がシェアした投稿 –


 

トマトはいろいろな食材と組みあわやすく、調理方法もバリエーションが広いのも魅力的。トマトだけでも栄養価はすぐれていますが、それ以外の食材を組み合わせることで、より筋トレ効果が高まりそうです。