トレーニング中は「チーズ」を意識して摂ってみよう【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2017.7.10 FOOD_DRINK ,
トレーニング中は「チーズ」を意識して摂ってみよう

筋力トレーニングなどを継続的にすることと共に、しっかりと栄養状態を考えて食事にも気を遣うことが、美しく健康な身体づくりのためには大切です。この記事では、筋力トレーニング中にチーズを摂ることの有用性や、チーズが持つ意外な効能についてご紹介します。
 
 
 

乳製品の中でも、

チーズは筋トレと相性抜群

 

筋肉量を増やすためにトレーニングをしている方なら、食事面では良質なたんぱく質が豊富な食材を意識的に摂るようにしているはず。たんぱく質を摂るといえば肉や大豆が思い浮かびますが、乳製品も勿論おすすめ。なかでも、チーズにはトレーニング効果を高める物質が多く含まれるとご存じでしょうか。たんぱく質のほか、ビタミン類や必須アミノ酸など、筋肉を増やして身体をしっかり作るために欠かせない栄養分が豊富です。チーズは高カロリーなイメージがあり、トレーニング中は敬遠される方もいるかもしれません。しかし、チーズには傷ついた筋肉を再生し、トレーニングの疲労を回復させる効果があるため、運動を終えて30分以内にチーズを摂ると、さらなる筋肉量アップに効果的です。

 

 
 
 

チーズは脂肪分が多く、

減量中はNG?

 

減量目的でトレーニングをしている方の場合、「チーズは脂肪分が多いから太る?」と思ってしまいがち。確かにチーズは18g中に約4.7gの脂肪を含んでいますが、脂肪燃焼に役立つビタミンB2も多く含まれますし、身体づくりには適量の脂肪分を摂ることも大切。他の高脂肪な食品を摂りすぎるよりは、たんぱく質やその吸収を助けるビタミン類など、あらゆる栄養が豊富に含まれたチーズで、バランスよく脂質を摂取するほうが効率的です。

 

 
 
 

チーズと組み合わせて

摂るとよい食品は?

 

チーズは牛乳やバナナなどと同様に「完全栄養食品」といわれています。しかし、栄養的には完璧に近いといえるチーズにも含まれていない栄養素があるため、それらを含む食品と組み合わせて摂ることが望ましいでしょう。チーズに含まれていない栄養素は、主に食物繊維やビタミンCです。それらを豊富に含む野菜やフルーツと一緒に、美味しく摂りましょう。

 

#fruits

Antal Fódiさん(@jolly_tono)がシェアした投稿 –


 
 

チーズは、人の身体を作るうえで欠かせない栄養素をバランスよく含んでいます。運動すれば体内の栄養素も消費されますから、効率よく補うつもりで「運動後にはチーズを1片食べる」など、気軽に習慣づけてみてはいかがでしょうか。