トレーニングのモチベーションを高めるBGM 邦楽女性アーティスト編(1)【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2017.4.11 OTHERS ,
トレーニングのモチベーションを高めるBGM 邦楽女性アーティスト編(1)

「トレーニング中は、お気に入りのBGMが欠かせない!」という人も少なくないはず。ノリの良いアップテンポな曲が聴きたいときもあれば、静かに励ましてくれるようなナンバーが恋しくなることもあるでしょう。音楽は、さまざまな目標を持ってトレーニングに臨む皆さんの頑張りをサポートする心強い存在。しっかり前進し続けるためのモチベーションを支えてくれる曲たちを、邦楽女性アーチストの中からご紹介します。

 
 
 

ももいろクローバーZ

「走れ!-Z ver.-」

 

恋する相手に向かって一歩踏み出す気持ちを歌った、明るく前向きな正統派アイドル・ソングです。曲名のとおり、走るときにぴったりのテンポですから、ランニング用の携帯音楽プレーヤーにもぜひ入れておきたい1曲。

 


 
 
 
 

AI

「ハピネス」

 

力強さを感じる少し抑えめのテンポで、ジムで筋トレをするときにもマッチする曲調です。トレーニングを終えた後の達成感を思い浮かべ、意欲を静かに奮い立たせながらもうひと頑張り!というときに聴けば、気分も上がるはず。

 


 
 
 
 

チャットモンチー

「シャングリラ」

 

「最近、トレーニングの成果が今ひとつ…」など、ちょっとした悩みがあるときも「気にするなよ!」と、少しぶっきらぼうに背中を押してくれるような曲。トレーニングの壁にぶつかったときも、そっと励まされるような歌詞とリズミカルな曲調が心地よく響きます。

 

 
 
 
 

Superfly

「タマシイレボリューション」

 
 
トレーニングの目標達成まであと少し!というときなどに聴くと、未知の力が呼び起こされるような気分になれる、パワフルな1曲。トレーニングに慣れ、まったりモードに入りがちな時期など、初心に帰ってリフレッシュしたいタイミングで聴くにもぴったりです。

 

トレーニングにBGMを取り入れると、運動時の苦痛や退屈さを低減できるほか、意欲を高めたり、不要な緊張感を取り除いてリラックスさせたりする作用もあります。特に邦楽は、歌詞をじっくり聴ける点もメリット。運動のシチュエーションに応じて好みのナンバーを選び、楽しく続けられるトレーニングにつなげましょう。