ウエイトトレーニングは女性にこそオススメ!?その理由とは【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2017.12.7 SPORTS ,
ウエイトトレーニングは女性にこそオススメ!?その理由とは

ウエイトトレーニングをすると筋肉がつきすぎる、キツそう、などのイメージで避ける方もいるかもしれません。ですが、ダイエットや理想の体づくりを目指すならウエイトトレーニングこそ近道です。脂肪が燃えやすい体になるためには基礎代謝を上げる必要があり、この基礎代謝量は筋肉の量に比例しています。ですので、筋肉量を増やすほど、やせやすくなるのです。今回は、ダイエットはもちろん健康的で美しいパーツも手に入れられる、女性でも比較的簡単にできるウエイトトレーニングメニューをご紹介します。
 
 
 

腹筋・背筋まで鍛えられる

「ゴブレット・スクワット」

 

一般に、スクワットはキングオブエクササイズと呼ばれ、下半身全体の筋肉を鍛えることができます。様々なバリエーションがありますが、初心者はゴブレット・スクワットがおすすめ。体の前に重量がある分バランスが取りやすく、腹筋や背筋まで鍛えられて姿勢改善も期待できます。やり方は、足は肩幅程度に開いて立ち、ケトルベル(ダンベルでもOK)を胸の前に持ちます。背中を立てたまま、太もも裏がふくらはぎにつくぐらい腰を落としたら、両ひざと両ひじを押し上げるように戻します。10~20回を1セットとしてくり返します。

 

Dan’s doing KB goblet squats focussing on getting his elbows to his knees whilst trying to maintain a straight back and tight core 😬

Hard Fitnessさん(@hardfitness58)がシェアした投稿 –


 
 
 

背中側の筋肉を鍛える

「デッドリフト」

 

デッドリフトは、背中側の筋肉を全体にわたって鍛えるエクササイズです。いくつかの種類があり、特に脂肪のたまりやすい太もも裏には「ストレートレッグデッドリフト」が効果的。きれいなヒップラインを目指せます。やり方は、足を肩幅に開いて立ち、バーベルを持って構えます。息を吸いながら背中は伸ばした状態でバーベルを床に置き、息を吐きながら最初の位置にバーベルを戻します。これを10~15回繰り返します。

 

#deadlift #powergirls #workoutmotivation #workoutime #deadliftgirl #спорт #💪🏼

Tekla Luxさん(@tek.tan)がシェアした投稿 –


 
 
 

バストアップを目指せる

「ベンチプレス」

 

ベンチプレスは、バストアップに有効といわれているエクササイズのひとつ。やり方は、バーベルをセットしたら、ベンチで仰向けになります。このとき、ベンチには頭から両肩、腰を、両足は床に固定します。バーベルをラックから外し、大胸筋を意識しながら胸の前までおろします。バーベルの重さは、フォームを崩さずに10回くらい持ち上げられる重さが目安です。ベンチプレスではバストアップ以外に、姿勢がきれいになる効果も得られます。

 


 

スクワット、デッドリフト、ベンチプレスは、ウエイトトレーニングではBIG3とも呼ばれる代表的なエクササイズです。まずは少ない回数からはじめ、増やしていくと続けやすくなります。ぜひトライしてみください。