トレーニングのモチベーションを高める映画・洋画編(1)【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2017.5.22 SPORTS ,
トレーニングのモチベーションを高める映画・洋画編(1)

トレーニングのモチベーションを高めたいと思った時に、何をしますか? スポーツ観戦や音楽鑑賞もよいですが、今回おすすめしたいのが映画鑑賞です。登場人物の生き様や、引き締まった身体を見ることで、トレーニングへの意欲が向上するかもしれません。今回はトレーニングのモチベーションを高める映画を3つご紹介しましょう。

 
 
 

見たら真似したくなる?

「ロッキー」

 
 

「ロッキー」はシリーズものとなったボクシング映画の名作です。見どころはなんといっても、シルベスター・スタローンが演じるロッキー・バルボアが取り組んでいるストイックなトレーニングでしょう。「生卵の一気飲み」や「サンドバック代わりに吊るした生肉をパンチ」といったシーンが印象的です。これらは今日ではあまり現実的ではないトレーニングですが、スタローンの肉体美も相まって思わず真似したくなってしまうかもしれません。少なくとも、体を鍛えている方であれば、そのストイックさには胸を打たれるのではないでしょうか。

 
 

【出典:Yahoo!映画】

 
 
 

究極のストイックBODY!

「燃えよドラゴン」

 
 

32歳の若さで惜しまれながらこの世を去った世界的アクションスター、ブルース・リー。映画内に映る彼の磨き上げられたボディは、まるでひとつの芸術品のようです。彼のような体に憧れてトレーニングを続けている方も少なくないでしょう。リーの死後に世界各地で公開された「燃えよドラゴン」でも、その肉体美を存分に堪能できます。こちらは、それまでのリーの出演作品とは違い、サスペンスやスパイ映画の要素も取り入れていますので、純粋な映画作品としても楽しめるでしょう。

 
 

【出典:livedoorブログ】


 
 
 

圧倒的スピード感!

「マッドマックス」

 

ランニングマシンなどの有酸素運動で多くのカロリーを消費するためには、まとまった時間をかける必要があります。そうした時間を体感的に短く終わらせるためには「マッドマックス怒りのデス・ロード」を鑑賞するのがおすすめです。こちらは、冒頭からラストまで息もつかないスピード感が評価され大ヒットとなりました。ランニングマシンを使った運動でも一切退屈することなく走りきれるでしょう。

 
 

【出典:ギズモード・ジャパン】


 

いかがでしたか? トレーニングを続けていくためにはモチベーションの維持が大切です。今回ご紹介した映画を視聴して、トレーニングに向かう意欲を高く保ちましょう。