トレーニングのモチベーションを高める少年漫画の名セリフ【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2017.8.24 SPORTS ,
トレーニングのモチベーションを高める少年漫画の名セリフ

我々の心を動かし感動させてくれる漫画の名セリフ。なかには私たちのやる気を奮い立たせてくれるようなセリフも少なくありません。トレーニングのモチベーションを高めてくれる、漫画の中の名セリフを3つご紹介します。
 
 
 

「負けたくないことに

理由っている?」

 

週刊少年ジャンプ連載のバレーボール漫画「ハイキュー!!」。身長は小さいながらも、抜群の跳躍力で活躍する主人公、日向翔陽(ひなた しょうよう)の名言です。必死に練習をする部員に対し、新人マネージャーが「どうしてそんなにがんばれるのか?」と聞いた時に出たのがこの言葉。底知れぬ負けず嫌いさが伝わってきますね。ゴール半ばで諦めかけた時や、トレーニングでくじけそうになった時に思い出したい名言です。
 

出典:タカラトミーマーケティング


 
 
 

「強くなるんだ 

嘘がホントになるように」

 

「アイシールド21」は、アメリカンフットボールを題材とした少年漫画。「嘘がホントになるように」という言葉は、主人公の小早川瀬那が負傷させてしまった相手チームのメンバー・桜庭春人へ謝罪するために向かった病院から帰る際に口にしたものです。嘘を否定するどころか、むしろ少しでもそれに近づきたいと思う瀬那の確かな決意がみられます。トレーニングでも大きな目標を定めて、それに挑戦することが自身の成長に繋がるのではないでしょうか。

 

出典:dTV


 
 
 

「地道な努力こそが

   最大の近道と知れ!」

   

 

「はじめの一歩」は、単行本延べ100巻を超えるボクシング漫画で、現在も週刊少年マガジンにて連載中。いじめられっ子だった幕の内一歩が、プロボクサーの鷹村守との出会いをきっかけに、自らもボクサーとして活躍する様を描いた作品です。沢村竜平というかつてない強敵を前に悩む一歩に対して、ジムの会長である鴨川源二は、タイヤ引きという古典的な練習方法を指示し、「地道な努力こそが最大の近道と知れ」と諭します。タイヤを背にして走る一歩の姿がとても印象的なシーンです。トレーニングの王道は、地道な努力にほかなりません。

 

出典:コミック速報


 
作者の思いが込められている漫画の名セリフは、読み手にも強く訴えかけるものがあります。トレーニングに対してやる気が出ない時、くじけそうになった時に思い出してみてはいかがでしょうか。