バランスの良い体形に!胸筋トレーニング3選【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2017.4.21 SPORTS ,
バランスの良い体形に!胸筋トレーニング3選

筋肉を鍛えるトレーニングといえば、腹筋や背筋などをまず思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、胸筋のトレーニングも忘れてはいけません。この記事では、胸筋を鍛えるための比較的簡単なトレーニングについて、3つご紹介します。全身をバランスよく鍛えて、メリハリある体形をめざしましょう。

 
 
 

地味ながらも効果アリ!

膝立て腕立て伏せ

 
 

胸筋アップのトレーニングといえば、やはり腕立て伏せは外せません。ここでは、トレーニング初心者の方や女性でも行いやすい「膝立て腕立て伏せ」をご紹介します。かかる負荷が少ないわりに、筋肉を鍛える効果はしっかり得られることが特徴です。腕を肩幅より気持ち広めに開き、床に手をつきます。膝を立てて這う格好になり、そのまま肘を曲げて身体を下げます。頑張れれば、あごが床につくぐらいまで下ろしてみましょう。そのあと、身体を元に戻します。この動作を、なるべくゆっくりと行うことがポイントです。

 
 

#lariopark #circuit#trainingday #coach#functionltrainer #pushup #workoutcomo #action#sport #womanwork #functional

federico invernizzi coachさん(@federico_invernizzi_coach)がシェアした投稿 –


 
 
 
 

自宅でも実践しやすい

ダンベルプレス

 
 

ストレッチローラーを床に縦置きにし、その上に膝を立てて仰向けになります。次に両手にダンベルを持ち、手が胸の高さに来るまで両肘をまっすぐ下ろします。そして、両腕がまっすぐ伸びるように真上に持ち上げます。この動作を、繰り返して行ってください。ダンベルは重すぎない方が長続きします。上記の動作を1セットあたり5~6回ほど繰り返せるぐらいの重量を目安として選ぶとよいでしょう。ダンベルがご自宅にないときは、辞書や水を入れたペットボトルなどで代用できます。

 
 


 
 
 
 

胸を張るストレッチも

併用しよう

 
 

筋トレを行うときは、ストレッチを併用することが鉄則。胸筋を鍛えるときは、胸を伸ばすストレッチも必ず取り入れましょう。ストレッチローラーを横置きにし、背中の中心を上に乗せて仰向けになります。次に、ゆっくりお尻を持ち上げながら頭を床につけます。胸の筋肉が縦横に伸びていく感覚を味わいながら、しばらくそのまま姿勢を保ちましょう。ストレッチを行うときは、同時に呼吸することを忘れずに。その場合、筋肉を伸ばすときに息を吸い、縮めるときに吐くようにします。

 


 

今回ご紹介したトレーニングは、胸だけでなく二の腕の筋肉が同時に鍛えられる点もポイント。Tシャツの季節に合わせ、バストアップも期待できる胸筋エクササイズを早速始めてみましょう!