下半身を効率よく鍛えて脂肪を燃焼させるスクワットダイエット【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2016.12.19 SPORTS ,
下半身を効率よく鍛えて脂肪を燃焼させるスクワットダイエット

さまざまなダイエット方法がテレビや雑誌、インターネットで紹介されているこの時代。しかし、王道となるのはやはりトレーニングで脂肪を燃焼させるダイエット方法です。とは言え、なかなか続けられないという方も多いはず。長期間継続するには、特別な器具を使わずに、どこででもできる方法が望ましいでしょう。その点でぴったりなのがスクワット・ダイエットです。下半身を中心に、効果的に筋肉を鍛えることで脂肪を燃焼させられます。

 

 

大流行した30日間

スクワット挑戦ダイエット

 

アメリカで大流行したダイエットに“スクワットチャレンジ”があります。スクワットを30日間続けることでダイエットするこの方法は、女性であっても比較的行いやすいこと、自分の筋力に合わせた回数を行えばよいこと、そして場所や道具を選ばない手軽さがあるうえ、高いダイエット効果を得られるために話題となりました。

 
 
 

人間の筋肉の70%は下半身にあり!?

 

スクワットがダイエットに効果的な理由は、運動することで脳から脂肪を燃焼させてエネルギーに変えるよう命令が出るためです。それ以外にもうひとつ、筋肉量が増えることで基礎代謝の効率が上がるという理由もあります。どちらかと言えば、基礎代謝が上がることによる脂肪燃焼の方が効率は良いです。人間の筋肉の70%は下半身に集まっているとも言われるため、下半身の筋肉を効率よく鍛えるスクワットがダイエットにも効果的なのです。同じく、ダイエットに効果があると言われている腹筋と比べた場合、スクワット15回が腹筋の500回に相当する運動量となります。これは、お腹周りには筋肉があまり集まっていないためで、いかにスクワットが効率的に筋肉を鍛えることができるかがわかります。
 

 
 
 

最初は少なくてもOK!

限界を1回分だけ超えよう


 

スクワットチャレンジでは、最初は1日で少ない回数のみを行い、徐々に回数を増やしながら1ヶ月間継続してスクワットを行います。しかし、これは下半身の筋肉増量を狙った方法でしかありません。お腹周りの脂肪を燃焼させることを目的とした場合は、そこまで多くの回数は必要なくなります。ダイエットを始めたばかりなら、1日に5回でも6回でも問題はありません。ただし、連続して行える上限回数がわかってきたら“それに加えてもう1回“がベストの回数となります。限界を超えるその1回により、筋肉はより成長し、基礎代謝もあがり痩せやすく太りにくい身体ができあがるのです。スクワットに慣れてきたら、1回あたりの回数を増やしたり、1日に間隔を開けて複数セット行うなどすれば、さらに効率よくダイエット効果を得ることができます。