スロートレーニングは筋トレ初心者にこそオススメ!【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2017.7.20 SPORTS ,
スロートレーニングは筋トレ初心者にこそオススメ!

「スロートレーニング」をご存知ですか?「スロー+トレーニング」、ゆっくりと行う筋トレのことをスロートレーニングといいます。筋トレマシンがなくてもじゅうぶんに筋トレ効果を発揮できるトレーニング法です。新しいトレーニングに挑戦したい方や、体力に自信のない女性にもおススメ。スロートレーニングの方法と効果について紹介していきます。

スロートレーニングとは?

 

ゆっくりと力をかけていくことで筋肉に負荷がかかり、激しい運動をしているかのような効果が得られます。関節や筋肉への負担も少なく、運動が苦手な女性にもおススメなトレーニング法です。ジムに通わず、器具も使わずにできて、あいた時間にできるスロートレーニング。筋肉痛にもなりにくく、忙しい方や体力に自信のない方にもぴったりです。

Cudnego weekendu przepełnionego aktywnością Wam życzymy 💚💛💚💛 . Na zdjęciu @imjustynawhoiam

Slow Moveさん(@slowmovestudio)がシェアした投稿 –

スロートレーニングの効果

 

継続して行うことで引き締まったボディが手に入ります。鍛えたい部位や引き締めたい部位に絞り込んだトレーニングができるメリットも。体内の筋肉量が増えると基礎代謝があがって体脂肪を燃焼しやすい体質になり、痩せやすい体になります。

気になるヒップや太もも周りに

スクワット

 

引き締めたい部位によって動きを選びます。どんなスロートレーニングでも
・正しいフォームでゆっくりと・ノンロック(関節をのばしきらない)・呼吸を意識して
が基本です。

1両足を肩幅より少し広めに開いて立ちます。
2息を吸いながら、ゆっくり3秒かけて太ももが水平になるまで腰を下ろして1秒キープ。
3息を吐きながら、ゆっくりと3秒かけて戻り、ひざを伸ばし切る直前で止まります。
1~3を繰り返します。猫背にならないように気を付け、おしりや太ももの筋肉を意識しながら取り組むといいでしょう。

ぽっこりお腹に効果的

ニートゥチェスト

 

背もたれのある椅子に浅く座り、支えとなるよう後ろに手を置きます。(床に座ってでもOK)
1、足を床から少し上げたところでからスタート。
2、息をはきながら、3秒かけて太ももをゆっくりと胸に近づけます。
3、息を吸いながら、3秒かけてゆっくりと1の姿勢に戻ります。
1~3を繰り返します。下腹部の筋肉を意識しながら取り組むといいでしょう。

短時間ででき、週2~3日程度やればよいという、ゆるさも魅力のスロートレーニング。スロートレーニングは回数よりも継続して続けることが大切なので、無理せず続けることがおススメです。