持久力を高めるためのトレーニングとは?【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2018.1.15 SPORTS ,
持久力を高めるためのトレーニングとは?

「最近、スタミナに衰えを感じる」「もっと継続してトレーニングできるようになりたい」そんな方は、今回ご紹介する身体の持久力を高めるトレーニングを実践してみましょう。トレーニングの効率がアップするだけでなく、日常生活でもより快適に過ごせるようなるはずです。今回は持久力を高めるトレーニング方法と、持久力向上に効果的なサプリメントについても、あわせてご紹介します。

 
 
 

ジョギングで心肺機能をアップ

 

ジョギングは身体の持久力を高めるための基本となる運動です。30分程度のジョギングを日常的に行えば、十分な効果が期待できるでしょう。さらに効率よく持久力を高めたいのであれば、ペースを上げたり下げたりするインターバルトレーニングを導入するのがおすすめです。大切なのは、時間を増やすことではなく、質を高めること。運動の質は、心拍数から判断することができます。速いペースだと1分あたり170~180拍、遅いペースであれば1分あたり120~130拍が目安にしてください。インターバルトレーニングは大きな効果が期待できる反面、身体に大きな負荷がかかります。けがや体調不良を未然に防ぐため、運動前のアップとストレッチは入念に行いましょう。

 


 
 
 

水圧を利用した

プールトレーニング

 

プールトレーニングは、持久力を高めるトレーニングとしてとても効果的です。実際に、多くのアスリートがプールトレーニングを導入しています。水中は陸上とは違い、常に身体へと抵抗がかかり、胸部にも水圧がかかり続けます。水圧による抵抗の中で呼吸しなければならないため、心肺機能が向上し、運動を持続するために必要な最大酸素摂取量も上がっていくのです。具体的なトレーニング方法としては、15~25m×5~10本の走り込み、10回3セット程度のその場ジャンプなどがあげられます。多くのエネルギーを消費することになりますので、ご自身の体力に応じたプールトレーニングを実践しましょう。

 


 
 
 

持久力向上に役立つ

サプリメント

 

運動に加えてサプリメントを利用することで、より効率的に持久力を高められます。持久力向上の目的で使用されるサプリメントとしてはヘム鉄、Lカルニチンなどが一般的です。ヘム鉄には身体を動かすために必要となる「ヘモグロビン」を増やす作用、そしてLカルニチンには最大酸素摂取量を増加させる作用があります。いずれも、持久力向上の助けとなるサプリメントですが、その効果は一様ではありません。それぞれの効果を把握し、目的に応じたサプリメントを摂取しましょう。

 


 

持久力トレーニングは週3日程度でも効果が期待できます。継続して続けることが大事なので、無理のないペースで続けましょう。