順番が重要?筋トレ+ランニングで理想の引き締めボディに【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2016.12.15 SPORTS ,
順番が重要?筋トレ+ランニングで理想の引き締めボディに

キュッと引き締まったボディのために、取り入れる運動法として人気が高いランニングと筋トレ。実は、ランニングと筋力トレは、順番を考えて取り組むだけで相乗効果があることを知っていますか?まずは、「ランニング=有酸素運動」「筋トレ=無酸素運動」である両者の違いから、正しい組み合わせ方までご紹介します。

 

有酸素運動と無酸素運動の
違いを学ぼう

 

 ランニングは有酸素運動に、筋トレは無酸素運動に分類されていることは多くの方が耳にしたことがあるでしょう。 有酸素運動とは、その名の通り、酸素を多く取りこみながら行う運動のこと。軽〜中程度の心拍数や酸素摂取量を保ったまま運動を一定時間行います。有酸素運動は脂肪をエネルギーとして消費するため、ダイエットには効果的な運動です。 一方で無酸素運動は、短時間に強い力が必要となる運動で、筋肉に貯めておいたグリコーゲンがエネルギーの主原料として使われます。筋肉量が増えることで基礎代謝が上がる、つまりエネルギーを消費しやすい体になる効果が期待できるのです。
 


 
 

正しい順番は筋トレ→ランニング!

 
 
有酸素運動と無酸素運動は、それぞれに良い面があり、どちらの運動をしたら良いのかと迷われるかもしれませんが、結論としてはどちらも必要です。筋トレとランニングをバランス良く組み合わせることで、メリハリのある引き締めボディを目指すにも、心肺機能を高めて健康を維持するのにも相乗効果が働きます。 2つの運動を組み合わせる上で重要なのが、正しい順番で行うこと。双方のメリットを考えると、筋トレでエネルギーを燃焼しやすい体になってから、ランニングをする方がより多くの脂肪を燃焼させることができるのです。

#track #tracknation #trackgirls #trackandfield #run #running #fit #gym #weights #train #training #nike #puma #addidas

Track Queenさん(@queen.track)が投稿した写真 –


 
 

合間時間を活用して
無理なく続けよう

 

運動の効果を得るためには、継続して行うことが大切ですが、忙しくてなかなか時間が取れない平日は、続けること自体が難しくなってしまいます。そんなときは、合間の時間を上手に活用していきましょう。例えば、朝起きて顔を洗う際にスクワット、通勤や通学で可能な限り早足で歩くなど、無理なく続けることが可能です。その分、時間がとりやすい休日は、筋トレ→ランニングの順番で効果的に運動をしてください。
 

 
体に負荷をかけ過ぎてしまうと怪我につながる可能性があります。体のことを考える意味でも運動を長く続ける意味でも、自身が続けていきやすいペースで行うと良いでしょう。