スノーボードより安全にを楽しむための準備トレーニング【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2017.1.23 SPORTS ,
スノーボードより安全にを楽しむための準備トレーニング

山もすっかり雪化粧し、スノーボードシーズンも真っ盛り。スノーボードは元々レジャー要素の強いスポーツですが、基本的な筋力や柔軟性が意外に大切で、万一のケガを防ぐためにも、日頃から要所を押さえたトレーニングを続けておくと安心です。今回は、スノーボードを楽しむための簡単なトレーニングをご紹介します。まだまだ続くシーズンを、存分に楽しみましょう。

 

インナーマッスルを鍛える

有酸素運動

 

インナーマッスルとは、骨格など身体の中心部分を支える内側の筋肉を指します。身体の向きを変えながらバランスを保つ動作の多いスノーボードは、体を支える力が重要なスポーツ。インナーマッスルを鍛えることで、常に姿勢を安定させられるようになります。インナーマッスルは、ジョギングやサイクリング、アクアウォーキングなどの有酸素運動で鍛えることができます。ヨガやエアロビクスも効果的ですから、取り入れやすいものを選んでコツコツ継続しましょう。
 


 
 

スクワットは下半身を鍛える

筋トレの基本

 

スノーボードでは、下半身の筋肉を上手く使って上半身のバランスを保つことが、しなやかな動作につながります。下半身の筋トレといえば、やはりスクワット。なかでも、ジャンプスクワットは脚・お尻の筋肉を1つのプログラムで効果的に鍛えられます。前屈みにならずにお尻を真下へ落とすような感覚でしゃがみ、その後思い切って真上にジャンプします。この動作を、1日で10回×3セットを目標に続けてみましょう。筋肉痛の予防にもなります。
 

Jump into the new year with a HIIT routine. Checkout my quick HIIT guide on my blog page collinsfitness.com

Collins Fitnessさん(@collins_fitness)が投稿した写真 –


 
 

柔軟性を高め
ケガを防ぐストレッチ

 
 
スノーボード中のケガを防ぐためには、柔軟性を高めることも大切です。日頃からストレッチを行い、安全に滑走を楽しむ準備をしておきましょう。「膝の屈伸」「アキレス腱伸ばし」「腕伸ばし」「腹筋・脇腹伸ばし」「手首・足首回し」「首回し」のストレッチは、滑走の前にも必ず準備運動の一環として行いましょう。特に、手首・足首は滑走時のケガが最も多い箇所ですから入念に。
 

Any morning you can touch your toes is a good morning #thetreatylife

Nutreatsさん(@nutreats)が投稿した写真 –

 

安全にスノーボードを楽しむには、適度な筋力と柔軟性が重要。ケガの予防はもちろん、筋肉痛で翌日の仕事や家事が大変!という事態を防ぐためにも、簡単で効果的な日々のトレーニングによる身体作りをしておくと安心です。

 

【Reference】http://giver.jp/archives/26006