コミュニケーションを取りながら親子でスポーツ!おすすめ3選【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2017.2.7 SPORTS ,
コミュニケーションを取りながら親子でスポーツ!おすすめ3選

親子で一緒にスポーツをするのはいかがでしょう?信頼関係が強まれば、コミュニケーションが円滑に進みます。それが子供の自己肯定になり、情緒の安定にもつながります。親から子供に得意なスポーツを教えてあげるのも良いでしょう。教えることができなくても、一緒に始めてみては?
 
 

【ランニング】

親子で並んで走る楽しさ

 
 

ランニングはシューズを揃えればすぐに始められます。ただいきなり走ると体に良くないので、週2~3回の2~30分程度のウォーキングで体を慣らし、短い距離から徐々に長距離をめざしていきます。大会へのエントリーを目標にするのも良いでしょう。子供は走ることで瞬発力や持久力もつきますし、親は健康維持にもなります。お互いに励ましあったり、褒めあったり、コミュニケーションが深まります。体力に合ったコース選び、足にあったシューズと水分補給を忘れずに行ってください。

 

First ever #parkrun with Aunty Kell 😀 #running #exercise #familyrun @kell121325

Hayleyさん(@haypol)が投稿した写真 –

 

 

 

【ゴルフ】

親子で100切りを目指す?! 

 

ゴルフは子供が小さいうちはパターゴルフでみんなが楽しめますし、大きくなったら打ちっぱなしの練習場、さらにその後はショートコース、最終的にコースデビューを目標に取り組むのはいかがでしょうか。上達してきたら「100切り」を目指すのも良いですね。「グリーンでのラインの読み方」「コースでの戦略」など、ゴルフは頭脳プレーです。「次は何番のクラブを使おうか」「さっきのアプローチは良かったね」といった会話も弾みます。ラウンド中、開放感からいつもと違った会話が生まれることもあるかもしれません。また、ゴルフは紳士のスポーツなのでマナーも身につきます。さらにゴルフクラブやウェア選びなどの楽しみもあります。

 

 
 
 

【登山 トレッキング】

自然を感じながらコミュニケーション

 

親子で助け合い励ましあって、山という同じ目標を目指す登山もおすすめ。まずは日帰りで行ける山からトライ。事前にガイドブックを読んで山のことを一緒に勉強するのも楽しいでしょう。また、山ではすれ違う人と挨拶をしますし、他人とのコミュニケーションも生まれます。「自然を大切にする」「ごみのポイ捨てをしない」など、マナーや秩序が身につきます。次の登山のスケジュールを組むのも楽しみの一つで、思い出の共有もかけがえのないものです。体力に合わせた無理のない工程を組みましょう。

 


コミュニケーションを円滑にするきっかけとして、一緒にスポーツを楽しむ。会話と思い出を増やし、親子の信頼関係を強める機会にしてみてはいかがでしょうか?

 
 

【Writer】岩崎美穂