高精度の心拍計測技術に脱帽!Android Wear搭載のスマートウォッチが堂々登場【トレラボ(トレーニング・ラボ)】

2016.10.25 TECHNOLOGY ,FASHION
高精度の心拍計測技術に脱帽!Android Wear搭載のスマートウォッチが堂々登場

ポラール・エレクトロ・ジャパンは、同社初のスポーツに最適化されたスマートウォッチ「Polar M600」を発表しました。手首で心拍が測れる高精度の6LED光学式手首型心拍計を搭載。また、スマートウォッチでアプリを利用しながら、本格的なトレーニングに使用できるという優れものです。プロのアスリートも注目の「Polar M600」のスゴイ機能をご紹介します!

 

機能1 高精度な心拍計則

 

同社の一番の強みといえば、精度の高い心拍計測技術。一般的なスマートウォッチは光学式心拍数に2個のLEDを使用しているものが多いのに対し、「Polar M600」はなんと6個のLEDにより正確な計測を実現しています。 代表取締役の園部氏は「LEDがつきっぱなしのためバッテリーの消費量も大きい。しかしスポーツウォッチには正確な心拍数計測が必要不可欠だと考えて、あえて踏み切った」と、熱い思いを語っています。

01_s-2

 

機能2 スポーツに特化した

「Smart Coaching」

 

「Polar M600」の最大の特徴となるのが、「Smart Coaching」機能。毎日の活動量を5段階で表示できる「アクティビティ・ガイド」、個人データ(身長、体重、年齢など)に基づく正確な消費カロリーを表示できる「スマートカロリー」、心拍数と速度データを基にしたランニング効率数値「ランニングインデックス」などが利用できます。 さらに、独自のスポーツトレーニング用アプリがプリインストールされており、100種類以上のスポーツやトレーニングの種類を選択することが可能。選択したトレーニングのプログラムに基づいて、消費カロリーなどが計算されます。

 

機能3 Android Wearを搭載

 

 

「Polar M600」はAndroid Wearを搭載しており、Google Playにある4,000以上のアプリを利用できます。また、メールの確認や返信、音声操作、カレンダーと連動したスケジュール通知、SNSのフィード確認も可能。駆使時間は、Androidスマートフォンとの連携時は最大2日、スポーツ使用時で最大8時間です。

07
「Polar M600」は11月にオンラインストアを含む正規取扱店で発売を予定。希望小売価格は4万4,800円(税別)。ぜひチェックしてみましょう。

【Reference】https://news.nifty.com/article/technology/mobile/12158-20161006035/